僕には影響を受けたストーリ Stories that have influenced me.

この投稿は友達の ブログ投稿.への返事です。

いいね。僕が同感できる。中学生の頃、体重のせいでよくいじめられた。

僕には影響を受けたストーリは:マトリクス、ロード・オブ・ザ・リング、ザ・ウォーカー、ウォーリー、それにバイオショック。

(ウォーリーを除くが、後で説明する)これらの映画の共通点は全部のストーリーが旅をしていっている人に関する。ネオが真理を求めた。結果的に、なるはずの人になった。フロドが世界を救う旅をしていた。イーライが戦争の影響で腐った世界に希望を与えるように、世界最後の聖書を最後の博物館に届け、大規模で複製して、配る旅をしていた。ジャック(バイオショック)が単なる行き残るクエストをしていた。

この人達が巨大な支障に向かって、乗り越えようとした。ネオが自分を疑った(僕もよくしちゃう)。フロドが世界一の小さい無力な生き物なのに、目的にたどり着くために、莫大な大陸を通さなければならなかった。イーライは***ネタバレ***目が見えない***ネタバレ***。それに、ジャックが腐った街で頻繁に数々の気狂い化け物に襲われていた。

僕を動かせたのは目的を果たすために、彼らの本気な決断力で様々な試練を乗り越えられた。僕は日本にてのゲーム業界で働くクエストをしている。今の様子にたどり着く前、いろいろあったんだけど、現在、23歳で目的を果たすのにかつてなかったほど近い。10ヶ月前、ワシントン大学の学位を持ちながら、二つのファーストフードレストランでバイトしてて、悲惨な状況だった。ただいま、ゲームの品質保証会社で働いて、リード・ソフトウェアー・テストエンジニアーである。毎日のように、開発者とのコミュニケーションをしている。

ウォーリーが好きなところは、ウォーリーが数百年にわたって孤独であったが、結局的に、ロボット愛を見つけた。いつか僕もロボット愛を見つける。=]

Twitterでフォロー!
Follow me on Twitter!

This is a response to my friend’s blog.

What a great read. I can identify with you to some degree. I was always picked on in middle school because of my weight.

Stories that have influenced me: The Matrix, Lord of the Rings, The Book of Eli, WALL-E, Bioshock (game).

What The Matrix, LoTR, The Book of Eli, and Bioshock all have in common is that they are all stories about people on a quest (I will get to WALL-E later). Neo was on a quest for the truth and as a consequence of that, he later became *who he was meant to be.* Frodo was on a quest to save the world. Eli was on a quest to bring the last remaining Bible to a museum to be mass replicated for all people in a post-apocalyptic world. Jack (Bioshock) was on a quest simply for survival.

These people all had huge obstacles in their ways, Neo had self-doubt (something I deal with way too much), Frodo was one of the smallest species in his world and he had to cross an enormous amount of land to get to his destination, Eli ***SPOILER ALERT!!!*** was blind, ***SPOILER ALERT END*** and Jack was constantly hunted by hundreds of insane genetically enhanced shells of people in a decaying dystopia.

It was their sheer determination to persevere through their trials and tribulations to reach their end goal that inspired me. I am on a quest to live in Japan and work in the Video Game industry. I have gone through a lot to get to where I am today, and at the age of 23, I am closer than ever to reaching my goal. Just 10 months ago, I worked concurrently at Taco Time and Red Robin while holding a BA from the University of Washington with a major in Japanese Linguistics. Now I am a Lead Software Test Engineer at an Outsource QA company. I talk with developers on a daily basis.

I like WALL-E because he was alone for hundreds of years, but he eventually found robot love. Someday I’ll find robot love too. =]

Advertisements
Posted in Uncategorized | 4 Comments

久しぶり。It’s been a while.

最近いろいろあって、投稿する余裕がなかった。仕事で昇進された。リード・ソフトウェアー・テスト・エンジニアーになってもらった。基本的に、この役職は複数のゲームのテスト(品質保証)を管理したり、開発者とのゲームの状況などに関するコミュニケーションをしたりするという仕事である。この環境は、ゲームの開発循環がよく見れて、いい経験になりそう。日本にてのゲーム業界で働くというクエストが進行している。

Twitterでフォロー!
Follow me on Twitter!

I’ve had a lot of things going on lately and haven’t had the luxury to post. I was promoted. I have become a Lead Software Test Engineer. Basically, this position involves managing the test of several games, and communicating with developers with regard to the game’s status. In this environment, I can see the development cycle of games; it seems like it will be very good experience. My quest to work in the game industry in Japan is progressing.

Posted in Uncategorized | 2 Comments

バイオショックインフィニティの10つの知らなきゃだめな事:第七目 10 things you must know about Bioshock Infinite: #7

手遅れで申し訳ない。残業残業(汗)

バイオショックインフィニティは完全に新しいエンジンで作ったものだ。最初の2つのバイオショックからの残っているIrrationalによって書かれたコードなどは全くない。

元のバイオショックとその続編はUnreal Engine 3の要素を移植して、大変にモッドされたUnreal Engine 2のバージョンに基づいた。それはラプチャーの狭い回廊などを上手に扱えたんだけど、バイオショックインフィニティの雲の街には力不足だ。今回、Irrationalのチームは完全にUnreal Engine 3でゲームを作っているついでに、数多くの必要な付加も含めている。それらの強化はインフィニティの大きい空挺の外側環境、新たなフォン照明モデル、もっとNPCとの複雑なAIインタラアクション、そして、エリザベスとのインタラアクションをサポートする。

明日はIrrational Gamesがゲームプレイ動画を放送するはずだからXbox LIVEで探してみて下さい。日本にもLIVEにて放送するかどうか分からないけど、せめて、明後日までにオンラインで見れる。:D

リンクはここ。Here’s the link for number 7. Sorry I’m late. Overtime at work. The gameplay video is supposed to be released over Xbox LIVE tomorrow, so keep an eye out. If you don’t have an Xbox, look for it online on Wednesday.

Twitterでフォロー!
Follow me on Twitter!

Posted in バイオショックインフィニティ, Bioshock Infinite, Japanese translation, 日本語訳 | Leave a comment

バイオショックインフィニティの10つの知らなきゃだめな事:第六目 10 things you must know about Bioshock Infinite: #6

最近投稿しなくて申し訳ない。仕事で忙しくなっちゃった。明日、7,8,9も翻訳するように頑張ります。
今日は第六目だ。

バイオショックインフィニティでは、四方八方から10数人以上の敵が襲ってくる遭遇戦に巻き込まれた事になるかもしれない。

元のバイオショックのラプチャーは小規模戦いしか許せない暗く、閉所的な部屋や回廊でいっぱいなところだった。 バイオショックインフィニティのコロンビアは巨大な浮かんでいる諸一画で戦略や行動のより広い範囲を可能にさせる。敵と戦うには、接近戦で立ち向かったり、莫大な拡がりにわたって遠距離武器で取り組んだりする事が出来る。だが、彼らはあなたと同じある機に乗じ、協力して、スカイ線にするりと乗ってあなたを出し抜くようにするんだ。

リンクはここ。Here is the link for day 6 of the 10 things you must know about Bioshock Infinite. I’ve been pretty busy with work, so I haven’t had a lot of time to do translation, but I will try my best to get caught up by tomorrow.

Twitterでフォロー!
Follow me on Twitter!

Posted in バイオショックインフィニティ, Bioshock Infinite, Japanese translation, 日本語訳 | Leave a comment

バイオショックインフィニティの10つの知らなきゃだめな事:第五目 10 things you must know about Bioshock Infinite: #5

これが第五目だ。後5日間でゲームプレイ動画が放送!待ち切れないね!XD
元の英語の投稿はここ

バイオショックインフィニティのコロンビアは従前に運送交通網として使用されたスカイ線(Sky-Line)の手の混んだ網で繋がった浮かんでいる丁目島で出来ている。このスカイ線は移動のために使え、コンバットを(よく両方とも同時に)容易にする。

手首につけたスカイフックを使い、勝手にスカイ線に乗ったり降ろしたり出来、縦横に交わる線路に迅速に乗り換える事が可能である。スカイ線に乗りながら、遠く離れた下にいる敵をヤれたり、近い範囲で直接的に敵と取り組んだり、圧倒的な遭遇戦から逃亡をしたりする事が出来るんだ。

これがIrrational Gamesによってゲームプレイ動画を放送するまで(XBOXLIVEにて9月21日、オンラインの他は9月22日)一日ずつシェアしてくれる10つの第五目であります。

やっぱ、このゲームのメカニックがめっちゃ楽しそうじゃないか?僕自身はゴッド・オブ・ウォーIIみたいなスイングメカニックが好きだから、スカイ線がそれ以上楽しそう。僕はPAXに行ったので、もうバイオショックインフィニティのゲームプレイ動画を見たんだ。スカイ線に乗りながらの戦い方がとてもしやすく見えると思う。しかも、速いからあっちこっちに勝手に探検出来るだろう。

僕はウィリアム・ニコラス・コンラルディ・第二である(ウィルで良い)。これが僕のバイリンガルゲームブログです。ゲームのニュースを報告したり、ゲームの話をしたりします。どうぞよろしくお願いします。

Twitterでフォロー!
Follow me on Twitter!

Once again, this is the translation of the 5th tidbit of information provided by Irrational Games.

Doesn’t this mechanic look really, really fun!? I personally loved the God of War II swing mechanic, so this mechanic looks even more fun to me. I went to PAX this year, so I already saw the gameplay demo. I think that the way you fight while riding on the Sky-Line looks really smooth.

My name is William Nicholas Conrardy II (Will is fine). This is my bilingual video game blog. I report on video game news and discuss games. Yoroshiku.

Posted in Uncategorized | Leave a comment

バイオショックインフィニティの10つの知らなきゃだめな事:第四目 10 things you must know about Bioshock Infinite: #4

これは第4目です。英語で読みたいお方はこちらへクリックして下さい。

バイオショックインフィニティの世界はアメリカ史の中の関頭な時代に置かれた。この時代に若くて悩んでいる国が早速世界ステージに大きい力になりつつある。

19世紀後半、合衆国がまだ南北戦争やリンカーン大統領の暗殺などの惨劇を苦しんでいた。 だが、20世紀が迫ると農民社会が変化していく。移民と工業生産が暴騰していき、米西戦争の勝利が今日までも続いてきた国際影響をもたらした。[産業革命の楽観で]1898年に「もうすぐ雲の上に生活を送る事が出来るようになるよ」と言われたって、多くのアメリカ人は瞬目でもしないだろう。

そんな社会の楽観、やる気、そして智謀だけでなく、恐れと僻見もバイオショックインフィニティの空挺なコロンビアの街とその匿う秘密を結び付くのだ。

これがIrrational Gamesによってゲームプレイ動画を放送するまで(XBOXLIVEにて9月21日、オンラインの他は9月22日)一日ずつシェアしてくれる10つの第四目であります。

僕はウィリアム・ニコラス・コンラルディ・第二である(ウィルで良い)。これが僕のバイリンガルゲームブログです。ゲームのニュースを報告したり、ゲームの話をしたりします。どうぞよろしくお願いします。

Twitterでフォロー!
Follow me on Twitter!

Once again, this is the translation of the 4th tidbit of information provided by Irrational Games.

My name is William Nicholas Conrardy II (Will is fine). This is my bilingual video game blog. I report on video game news and discuss games. Yoroshiku.

Posted in バイオショックインフィニティ, Bioshock Infinite, Japanese translation, 日本語訳 | Leave a comment

バイオショックインフィニティの10つの知らなきゃだめな事:第三目 10 things you must know about Bioshock Infinite: #3

はい、第三目です!リンクはこちらへ

バイオショックインフィニティでは、コロンビアを独りで探検しているのではない。旅で連れ立ち、扶助してくれる強力でありながら弱いエリザベスと言う女を連れ戻しに遣わされた。

エリザベスはコロンビアのストリーと不思議の大事な要素なんだけど、あなたが望めば、彼女がゲームプレイにも大きい影響を与えられる。能力の幅広い範囲で彼女が戦闘中手を貸せる。これで自分の力を彼女のと合わせるチャンスを作って、もっと有効的に能力が使える。だが、もちろん、自分だけで敵に立ち向かいたいなら、彼女があなたの戦闘に立ち入らずに戦える。後半のオプションにしたら、エリザベスは何の扶助も必要なく、自分で自分の敵を片付けられる。

Irrational Gamesがこのように、少しのつぶやきをゲームプレイ動画を放送するまで(XBOX LIVEにて9月21日、オンラインの他は9月22日)一日ずつシェアしてくれる10つの事の第三目であります。

この知らせが特に気に入った。なぜかと言うと、バイオハザード4みたいに警護にされるわけではなく、エリザベスがプレーヤーの決定によって行動する。これが素晴らしい。警護ミッションなんかはいつも面倒くさく感じて、守っている人がいつも邪魔だからそもそも好きじゃなかった。今回、エリザベスの能力を使っても断っても、邪魔にならない。それが一番大事なところだと思う。

僕はウィリアム・ニコラス・コンラルディ・第二である(ウィルで良い)。これが僕のバイリンガルゲームブログです。ゲームのニュースを報告したり、ゲームの話をしたりします。どうぞよろしくお願いします。

Twitterでフォロー!
Follow me on Twitter!

Once again, to the English speakers, sorry, no English content today, just more translation. But, this update is particularly interesting, so please hit the LINK!

I’m really excited about this particular update, because as soon as I heard that BI involved rescue, I was afraid that I’d have to deal with escort style missions like in Resident Evil 4. I hated that! I’m so glad that Elizabeth will do what you want her to do! She won’t drag you down if you choose not to utilize her abilities, this is a good choice.

Posted in バイオショックインフィニティ, Bioshock Infinite, Japanese translation, 日本語訳 | Leave a comment